首里城に行ってみたらこんなところだった!

NO IMAGE

首里城といえば沖縄県でおすすめの人気の観光スポットとしてガイドブックなどにも紹介されています。この首里城跡は1945年の沖縄戦でなくなってしまったのですが、1992年の沖縄返還20周年を記念して国営公園として復元されたのです。このお城は中国と日本スタイルの築城様式が融合しているといわれる独特の建築様式をもち、石組み技術などで高い文化歴史的価値をもつと認められて2000年12月に、日本で11番目の世界遺産として認められている建物です。

色も鮮やかな朱色で、琉球王国の歴史や文化の象徴とされているこのお城は沖縄を訪れた人なら必ず訪れるともいわれるほどの観光スポットなのです。現在も国内外から注目を集めているこの建物ですが、このお城のメインの建造物はじつは世界遺産というわけではないともいわれていて、琉球王国の政治や外交、文化の中心地としての役割を担っていたこのお城はじつは世界遺産になっているのは首里城の本殿を進んでいったところにある2階本殿の床がガラス張りになっているところから覗き込める部分なのです。

その部分は触ることもできず、ガラス越しにしか観ることができない遺構なのです。土で作られているようなこの遺構が世界遺産の城跡なのです。この遺構は戦争でも破壊されずに現在も残っているのです。美しいあの建物は再建されたもので、戦争で壊されてしまったので現在は当時のものはなくなっているのです。しかし、この遺構はとても貴重な城跡なのです。これには複雑な思いがするのです。

いろいろ考え方はあるといえますが、首里城はやはり沖縄県を代表する観光スポットなのです。基本的にアクセス性はよく、車やゆいレールや路線バスなどでも便利な場所にあるのですが、車でアクセスしたいという場合、那覇空港からレンタカーが利用できるのです。空港から国道331号線に出たら、那覇市内の中心部に行きます。途中で国道58号線に入って、泊交差点を右折すると県道29号線を真っ直ぐ首里方面へ進みます。そして、首里城には駐車場は乗用車やバスも停められる有料駐車場があり、季節や込み具合で駐車スペースが調整されていて、大体50台から116台分のスペースが利用できるようになっているのです。

ピーク時はこの駐車場にパーキングするのはタイミングを見なければならないといえますが、そうでない時には小型車が1回320円で駐車できたりします。大型車だともっと高くて1回が960円といわれています。また、首里城に来たら駐車場がいっぱいだったという場合、周辺に民間の有料駐車場などがあります。首里パーキング1や2、えんぱーく首里1などがあるのです。こうした有料区域を活用すると車でアクセスした時にあまり困らないでしょう。しかし、やはり空港からのアクセスは充実しているため、市内を観光したいという場合には公共の交通機関を活用すると駐車料金やレンタカー代などもかからないのでいいかもしれません。このお城を含めて市内を観光するという場合、ゆいレールを利用するアクセス方法は便利といわれています。空港駅からお城の駅まで約15分で330円(小人170円)で、有料駐車場料金も不要です。このレール全部の駅が何度でも乗り降り自由のフリー切符は800円(小人400円)からです。このお城の近くを散策すると伝統のぶくぶく茶などが飲めたりおしゃれな雰囲気のあるカフェなどがあって観光気分が盛り上がります。

このお城の遺構はガラス越しにしか見ることができませんが長い歴史がつたわるようなすばらしい文化遺産なのです!沖縄に行ったらこのお城を訪れてみましょう。そして、このお城に行ったらこの遺構は観ておきましょう!